安産祈願・初宮詣・七五三詣・家内安全・厄除祈願・商売繁昌・地鎮祭・結婚式等各種ご祈願を心をこめて執り行います

源氏ゆかりの福の神・縁結びの神
世田谷区下馬鎮守 子の神

〒154-0002
東京都世田谷区下馬4-27-26

お気軽にお問合せください

03-3414-8369

駒繫神社のご案内

 駒繫神社は、ご祭神 大国主命 をおまつりし、前九年の役に源義家公、頼義公が戦勝祈願をし、奥州藤原氏の征伐に際しては、源頼朝公が戦勝祈願をしたと伝えられる源氏ゆかりの神社です。

 駒繫神社では、安産祈願、初宮詣、七五三詣、家内安全、厄除祈願をはじめ地鎮祭、結婚式等各種ご祈願祭を執り行っております。
 特に、もともとの神社の名前が「子の神」であることから、多くの方が安産祈願や初宮詣(お宮参り)のご祈願で、お越しになっております。

 

※境内参入に際してのお願い
・境内は神域ですので、参拝を目的としない方の境内の通り抜け及びペット(犬、猫他)を連れての参拝は、固くお断り致しております。
・乗り物(自転車、自動車他)は、境内の中に入れず、鳥居の外に置いてから参拝願います。

 

12月生命の言葉

12月 生命(いのち)の言葉

私が断じて滅びない事を願ふ
一つの国民がある
それは日本人だ

  ポール・クローデル

「あれ程興味ある太古からの文明は消滅させてはならない。日本は驚くべき発展をしたが、それは当然で、他のいかなる国民にもこれ程の資格は無い。彼らは貧乏だ。然し、高貴だ。」と続く。日仏間が戦争状態であった昭和18年、元駐日フランス大使であった彼が語った言葉。
日本で関東大震災に遭遇し、その際、被災者が配給の列に整然と並ぶ姿を驚きをもって手記に記したという。

12月も神さまのご神徳をいただき、皆様の益々のご多幸をお祈り申し上げます。 

ご祈願は、午前10時より30分毎に完全予約制、1組づつ執り行います。
厄年の厄祓い、家内安全祈願、健康祈願、除災招福祈願、車の交通安全祈願、お子様の合格祈願、安産祈願、お宮参りをはじめ会社の商売繁昌祈願、社運隆昌祈願など他の方と一緒でのご祈願ではなく、おひとり様もしくはおひと家族様のみで、心をこめてご祈願を執り行います。(社殿は、冷暖房完備です)

ご希望の方は、社務所までご相談、ご連絡願います。
尚、1組づつのご祈願になりますので、1日12組迄しかお受け出来ません。お早目にご予約頂ければ、幸いです。
※11月の土日祝日及び戌の日の土日祝日午後3時以降は、皆様ご一緒に行なう場合があります。

駒繫神社で、ご祈願をお受けになられ、平成28年も素晴らしい年となりますようお祈り申し上げます。 お問い合せ 03-3414-8369
 

 平成28年厄年早見表 

ご祈願祭、出張祭典のご案内

結婚式について

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3414-8369

FAX 03-3414-8369
事務受付:9:00~17:00
社務所不在の時があります。
ご来社の際は、電話にてご確認いただければ幸いです。