安産祈願・初宮詣・七五三詣・家内安全・厄除祈願・商売繁昌・地鎮祭・結婚式等各種ご祈願を心をこめて執り行います

源氏ゆかりの福の神・縁結びの神
世田谷区下馬鎮守 子の神

〒154-0002
東京都世田谷区下馬4-27-26

お気軽にお問合せください

03-3414-8369

駒繫神社のご案内

 駒繫神社は、ご祭神 大国主命 をおまつりし、前九年の役に源義家公、頼義公が戦勝祈願をし、奥州藤原氏の征伐に際しては、源頼朝公が戦勝祈願をしたと伝えられる源氏ゆかりの神社です。

 駒繫神社では、安産祈願、初宮詣、七五三詣、家内安全、厄除祈願をはじめ地鎮祭、結婚式等各種ご祈願祭を執り行っております。
 特に、もともとの神社の名前が「子の神」であることから、多くの方が安産祈願や初宮詣(お宮参り)のご祈願で、お越しになっております。

※境内参入に際してのお願い

・境内は神域ですので、参拝を目的としない方の境内の通り抜け及びペット(犬、猫他)を連れての参拝、ポケモンGO等のゲームは、固くお断り致しております。

・乗り物(自転車、自動車他)は、境内の中に入れず、鳥居の外に置いてから参拝願います。
 

6月生命の言葉

6月 生命(いのち)の言葉

神道は日用の間にあり

 渡会 延佳(わたらい のぶよし)

神道は特殊な道ではなく、毎日の行いが神の御心にかなっているのかどうかを反省し、精進する以外にはないということです

渡会延佳
江戸時代中期の伊勢神宮の神道学者
豊受大神宮の権禰宜

6月は夏越の大祓を行う大切な月です
大祓は半年間の罪穢れを祓い、暑い夏を越すための大切な神事です
大祓を行い清らかな心と身体に立ちかえり暑い夏を乗り切りましょう

6月も駒繋神社の大神さまのご神徳をいただき、皆様の益々のご多幸をお祈り申し上げます 

夏越の大祓(なごしのおおはらえ)

大祓(おおはらえ)は、半年間の罪穢れ(つみ、けがれ)を祓い落とし、清浄な心と身体に立ちかえり、幸福と繁栄を迎えるための大切な神事です。
 形代(かたしろ・ひとがた)に氏名・年齢をお書きいただき、身体を撫で、息を吹きかけることにより罪穢れ(つみ、けがれ)を形代に移して、社務所にお納め下さい。
 袋には、2枚形代が入っています。1枚は男性の方、もう1枚は女性の方を何人お書きいただいてもかまいませんので、1家族1袋でお願い致します。
 形代は、皆様が日々清く明るい幸せな生活が出来ますよう、駒繋神社に於きまして6月26日(月)の夕刻 午後5時にご祈祷し、7月3日に伊豆の大海原にお流し申し上げます。

※夏越の大祓に、本年より一般の皆様もご参列頂けるようになりました。
午後5時祭典開始ですので、少し前までに社務所前にご参集下さい。

茅の輪神事(ちのわしんじ)
茅の輪神事の起源は、釈日本記の備後風土記の中に、神代の昔 素戔嗚尊が南海にお出でになる途中に、夜も更けてきたのでお泊りになろうと、土民の蘇民将来(そみんしょうらい)、巨旦将来(こたんしょうらい)と云う兄弟に宿を求められました。
 その時に弟の巨旦将来は、裕福であったにも拘わらず宿を拒んだのに対し、兄の蘇民将来は、貧しい身ではありましたが、素戔嗚尊をお泊めし、更には精一杯のおもてなしをしました。
 その後、素戔嗚尊が再び蘇民将来の家を訪ね「もし天下に悪疫が流行した際には、ちがやを以って輪を作り、これを腰に着けていれば免れるであろう」と教えられました。
 この故事に基づいて茅の輪神事が執り行われるようになりました。
茅の輪をくぐり越えることにより、罪穢れが除かれ、心と身体が清らかになるという神事です。

 大祓を行い、茅の輪をくぐり越え、罪穢れを祓い落として清々しい気持ちで夏を迎えましょう。

 水無月の なごしの祓 するひとは 千年の命 延といふなり

ご祈願は、午前10時より30分毎に完全予約制、1組づつ執り行います。

厄年の厄祓い、家内安全祈願、健康祈願、除災招福祈願、車の交通安全祈願、お子様の合格祈願、安産祈願、お宮参りをはじめ会社の商売繁昌祈願、社運隆昌祈願など他の方と一緒でのご祈願ではなく、おひとり様もしくはおひと家族様のみで、心をこめてご祈願を執り行います。(社殿は、冷暖房完備です)

ご希望の方は、社務所までご相談、ご連絡願います。
尚、1組づつのご祈願になりますので、1日12組迄しかお受け出来ません。お早目にご予約頂ければ、幸いです。

※戌の日の土日祝日午後3時以降は、皆様ご一緒に行なう場合があります。

駒繫神社で、ご祈願をお受けになられ、平成29年も素晴らしい年となりますようお祈り申し上げます。

お問い合せ 03-3414-8369

 

 平成29年厄年早見表 

御朱印のご案内

駒繋神社のご祭神大国主命(福の神)にちなみ、「打ち出の小槌」を入れました御朱印を頒布致しております。

御朱印 初穂料 500円

※1月中の御朱印及び神職不在やご祈願を奉仕中につきましては、予め書いたものを頒布するかたちになります。

 

ご祈願祭、出張祭典のご案内

結婚式について

神社についてのお問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3414-8369

FAX 03-3414-8369
事務受付:9:00~17:00
社務所不在の時があります。
ご来社の際は、電話にてご確認いただければ幸いです。